特別講演(16:30~17:30)

  • 斉藤 芳宜 氏
  • 黒木 正人 氏
  • 長谷川 修 氏
  • 鈴木 康弘 氏

迫りくるデジタルシフトの波に日本企業はどう立ち向かうか

鈴木 康弘 氏

元株式会社デジタルシフトウェーブ 代表取締役社長
元株式会社セブン&アイHLDGS. 執行役員CIO
鈴木 康弘 氏

概要

現在、アマゾンの快進撃の陰で多くの企業が苦しむ「アマゾンエフェクト」は、米国のみならず日本においても間近に迫った危機といえる。その危機に立ち向かうため、デジタルシフト(デジタル化への移行)は急務である。デジタルシフトの推進は、全社的プロジェクトとして、経営者の決意と覚悟、組織の体制作り、現場や若手を取り込むマネジメントがポイントとなる。今回は、通信系大手企業でのSEや営業、ベンチャー企業での経営、世界有数の巨大流通グループでのCIOとしてデジタル化推進に挑んだ多様な経験をふまえ、企業のデジタルシフトを成功に導くヒントを解説する。

講師プロフィール

1965年2月28日生。1987年富士通(株)に入社。SEとしてシステム開発・顧客サポートに従事。1996年ソフトバンク(株)に移り、営業、新規事業企画に従事し、ネット書籍販売会社イー・ショッピング・ブックス(株)(現セブンネットショッピング)を設立 代表取締役に就任。2006年資本移動により(株)セブン&アイHLDGS.グループ傘下に入り、同グループのネット戦略を推進し、2014年に(株)セブン&アイHLDGS.執行役員CIOに就任しグループオムニチャネル戦略のリーダーを務める。2015年同社取締役執行役員CIOに就任。グループシステムの改革に着手し、デジタルシフトの骨格を作り上げる。2016年12月に同社を退社。2017年3月に(株)デジタルシフトウェーブを設立、同社代表取締役に就任。多くのデジタルシフトを目指す企業の支援を実施している。